Nemo3

a0274805_658458.jpg




「君のところはひどくやられたね」

「うちは窓が壊れてるからしょうがないよ」

「そういう君のところも窓があってもほとんど外が見えてないね」

「夜中の吹雪がひどかった」

「それは言える」

「こっちなんか窓二つともやられたよ」

「俺たち元どおりに戻してもらえるのかね」

「そうあってほしいな」

「じゃ、まずは温かいコーヒーでも飲むか?」

「良いこと言うね」

「そうだな」

「賛成!」

「Beach stの北側にあるコーヒー屋が美味しいらしいよ」

「そこに1票!」

「もう開いてるの?」

「まかせるよ」

「はやくいこうぜ!」

「いいね」




Nemoが通り過ぎた早朝の土曜日、


南極で暮らす樺太犬のように彼らは肩を寄せ合い話していた。




























[PR]

by triangleny | 2013-02-13 01:59 | Landscape | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。